楽にしめる

シャッターを電動化しよう

シャッターを電動化することで、シャッターの開閉を楽に行うことが出来ます。しかし、電動化する際に気になるのが、その費用です。シャッターを全て取り替えるとなると、それなりの費用が発生します。しかし、今あるシャッターを利用し、電動化することが出来るキットを利用することにより、手頃な価格で電動化することが出来ます。新しく買い換える必要がありませんので、従来のシャッターを処分する必要もありません。 工事も短時間で行うことが出来ますので、思い立った時に依頼することが出来ます。 故障した場合や停電時には、手動に切り替えて開け閉めすることができるので、安心感があります。 シャッターの電動化をお考えであれば、このような方法も検討するとよいでしょう。

業者探しは見積り依頼から

シャッターの電動化を業者に依頼する場合には、一つだけではなくいくつかの業者に見積りを依頼するようにしましょう。複数の業者に見積りを依頼することにより、相場を知ることが出来ますし、価格を比較することが出来ます。工事内容により費用は異なりますので、事前に確認するようにしましょう。 契約をする前には、追加料金の有無やアフターフォローなどについても確認することで長期的に安心して利用することが出来ます。使い方や故障時の対応について事前に確認しておくことで後々のトラブルの際に役立ちます。 なお、電動シャッターの寿命はメーカーにより若干の違いはありますが、作動不良が起きなかった場合には、1日2回の開閉で約14年ほどです。

このエントリーをはてなブックマークに追加